川越や入間の外壁塗装工事業者に、手抜き業者が多い理由

2018.11.17更新

最近、お客様から知り合いで手抜き業者に施工されて困ってるという話を頻繁に聞くことがありましたので、
皆様が騙されないよう今回の記事を書きました。

まず外壁塗装業界に手抜き工事が多い理由をお伝えします。

・下請けに出してしまうことが多いので、不十分な塗装工事になってしまう。
塗装工事に手抜きが発生してしまう大半のケースは、請け負った業者が、下請けに出してしまうことが原因です。
下請け業者が元請け業者から請け負う場合、請負という仕事の発注方法で塗装工事を請け負うことが多くあります。
 
請負で、塗装工事を引き受けている下請けの業者は、一山いくらで工事を元請けから請け負っているので、少ない請負金額のなかで利益を出さなければいけません。
少ないお金で利益を出すためには、手抜きをしてでも早く終わらせ、材料の節約もしたいという考えになってしまうようです。
 
塗装工事の手抜きが行われている業者は、ほとんどがこのような流れの業者です。
 
日本メンテナンスでは、現地調査、お見積り作成、そして、足場仮設工事、高圧洗浄、塗装工事、足場解体まで、全て自社の職人で行っています。
そのため、上記のような、手抜き工事の心配は一切ございません!!
 
お客様からお任せ頂いたご自宅のリフォーム工事を、
下請け業者に任せることなく、自社職人が、工事着工から完工に至るまで、施工しますので、お客様からのご要望、ご相談など、全て弊社でご対応させていただきます。
 
また、自社施工で行うことによって、価格も、他の業者さんよりも、
お安くご提供させていただくことが可能です。

皆様がより良い塗装業者を選べるように日本メンテナンスではこれからも適切な情報を配信していきます。

無料相談、無料点検、無料見積ご利用ください