外壁が汚れてしまう原因は?外壁塗装で汚れが目立たない色もご紹介!

2023.1.13更新

外壁が汚れており、見栄えを改善するために外壁塗装を考えている方もいらっしゃるかと思います。
その中でも、外壁の汚れが目立つような色は選びたくないと考えている方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、外壁の汚れが目立たない色をご紹介します。
また、外壁が汚れる原因についても説明しますので、ぜひ参考にしてください。

 

□外壁が汚れてしまう原因とは?

外壁が汚れる原因を4つご紹介します。

1つ目は、大気汚染です。
自動車の排気ガスや大気中に舞う砂などが外壁の凹凸部分に溜まり、汚れとなります。
大気汚染による外壁の汚れを解決したい場合は、凹凸の少ない外壁にする、または定期的に掃除をして汚れを落とすなどの処置をしましょう。

2つ目は、湿気です。
日当たりが悪い場所にはカビやコケが生えやすく、このカビやコケが外壁を汚します。

3つ目は、サッシの汚れです。
サッシはシーリング材が使用されています。
そのシーリング材の油分が溶けだして、外壁を汚してしまうのです。
また、サッシに溜まったほこりが雨に流されて外壁に付着することで汚れることもあります。

4つ目は、排気口や換気扇の汚れです。
排気口や換気扇から、油汚れが垂れることがしばしばあります。
油汚れは水に落ちにくい性質であるため、外壁についた油汚れは雨では落ちません。
そのため、汚れが拡大していくのです。

 

□外壁の汚れが目立たない色とは?

汚れが目立たない色は以下の3種類です。
・グレー
・ベージュ
・ブラウン

グレーはコケやカビ、ほこり、排気ガスなどの外壁の主要な汚れが目立ちにくい色です。
また、グレーは住宅全体にクールさや上品さ、爽やかさなどの印象を与えます。
これらの要素から、外壁塗装の色選びにおいてグレーはトップの人気を誇っています。

ベージュはカビやほこりなどの中間色の汚れと一体化するため、汚れが目立ちにくい色です。
また、ベージュは住宅全体に柔らかさやあたたかみを持たせます。
外壁を明るい色にしたいけれど汚れも目立たせたくない、という方におすすめです。

ブラウンもベージュと同様に中間色の汚れと一体化するため、汚れが目立ちにくくなっています。
また、ブラウンの外壁は重厚感やあたたかみを感じさせます。
お住まいの住宅が閑静な住宅街に立地している場合におすすめです。

 

□まとめ

今回は、外壁が汚れる原因と、外壁の汚れが目立たない色をご紹介しました。
外壁の汚れはほこりや排気ガス、カビなどの中間色であることが多いため、外壁塗装の際は中間色と一体化する淡い色を選ぶと良いでしょう。
外壁塗装を検討される際は、ぜひ当社までお問い合わせください。

無料相談、無料点検、無料見積ご利用ください